不動産賃貸物件を借りたい方必見!鶴ヶ島や周辺エリア(川越・坂戸)のおすすめの不動産会社情報をまとめました

後悔したくない!部屋探しで失敗しがちなことってどんなこと?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/26

鶴ヶ島・川越・坂戸周辺で賃貸物件を借りようとしている場合には、後悔をしないような部屋探しをすることが必要になります。とはいえ、これから初めて賃貸物件を借りる場合には、どのようなポイントを知っておけば後悔しないかなかなかわからないものです。

そこで、今回は賃貸物件を借りるにあたり失敗をしないポイントを3つほど見ていきます。

建物の収納が思ったよりも少ないこと

賃貸物件は、少しでも広く見せようとするために部屋の有効面積を広めに設置しているところが多いです。有効面積とは、収納などを除いた部分になります。有効面積が広ければ、それだけ人が入居しやすいためです。

ただ、あまり有効面積にこだわってしまうと収納が狭くなるでしょう。そのため、賃貸物件の部屋の広さやそこに住む住人の数に匹敵しないほどの狭い収納になってしまうこともあり得ます。そこで、これから賃貸物件を内覧する機会があるとすれば、どの程度の収納が可能かを見ておきましょう。

まず一つはクローゼットになります。クローゼットは、少なくともストーブや扇風機などの季節のものを入れておくだけでなくスーツなどの洋服を入れておくのが主になります。それ以外にも、使わないものを入れておく場所として重宝しますので、可能な限り広いところ選ぶことが必要です。家族で住む場合には、畳二枚分ぐらいのクローゼットがあれば問題ありません。

床下収納も主婦にとってはうれしい収納の一つと言えます。床下収納が一つあれば、そこに調味料やコメなどを入れることができるため、とても便利です。洗面所にも床下収納があれば、そこに予備の洗剤やシャンプーなどを入れることができ、部屋がうまく片づくことになります。ただ、賃貸物件でもなかなかキッチンや洗面所の床下収納があるところは少ないため、探すのは大変でしょう。まずは、クローゼットが十分な広さになっているかを確認することが大事です。

それ以外にも、外にも物置がある場合には、外で使うさまざまなものを入れることができます。逆にこれがなければ、むき出しの状態でものを外に置かなければいけないため、劣化が早くなってしまうでしょう。

太陽の光が入ってくるかどうかも大事

日本には昔から南向き信仰と呼ばれる考え方があります。南向き信仰とは、部屋を借りるときや家を建築するときに南側に大きな窓をとり採光を考えていることです。そのような言葉を知らなくても、無意識のうちに南向きかどうかを確認する人は多いでしょう。

なぜわざわざ南向きの物件を選ぶかといえば、一つは冬場でも太陽がさしていれば部屋の中は暖かくなるからです。また、光が入る時間が長くなるため室内で電気をつけなくてもよくなります。何より、自然の光が入ることは人間の体内にあるセロトニンを上昇させうつ病などを防止してくれたり、人間のやる気が出るきっかけにもなります。

このような理由から、南向きの物件は人気が高く、あっという間に埋まってしまう可能性があり得るでしょう。ですが、南向きだからといって必ずしも太陽が当たるとは限らないことも頭に入れておく必要があります。いくら南向きでも、南側に背の高い建物がある場合には太陽の光が遮られてしまいます。そのため、もし物件を内覧する場合にはどの程度光が差し込むのかを見ておいたほうがよいです。

建物の周りの環境も気にしておいたほうがよい

鶴ヶ島・川越・坂戸などで賃貸物件を借りる場合、部屋の間取りを気にする人が多いです。確かに、そこに住み始めたときには部屋の間取りは重要になることは間違いありません。

また、どのような設備が設置されているかも注目に値するところです。最新の設備が設置されているところは人気が高く、多くの人がそのような物件に住みたいと考えています。

このように、部屋の中のことを気にすることも大事ですが、実はそれ以外にも頭に入れておかなければいけないことがあります。その一つが、建物の周辺の環境です。いくら建物の中は素晴らしく、満足度が高いとしても、周辺環境があまり良くなければその分だけ満足度はマイナスになると考えてよいです。

具体的には、大通りの目の前の建物で車の音が常に部屋の中に入ってくる場合です。特に、夜中にバイクの音などが響き渡ることで夜眠れなくなり不眠症になってしまうことも考えられます。大通りの近くにない建物でも、周りに工場などがある場合にはにおいや音の問題が考えられます。

もし、地図上で眺めて周辺に大通りや工場があれば、実際にどの程度の音やにおいになるかを調べておくことが必要です。この場合一回だけ行ってみてもわからないことが多いため、日にちや時間帯などを変えて行ってみることが必要でしょう。

 

埼玉県の鶴ヶ島・川越・坂戸で賃貸住宅を借りる場合、失敗しないポイントの一つは収納にあります。狭すぎる収納だと常に収納に入っているはずのものが部屋の外に出ていることになるため見た目が悪いだけでなく部屋が狭くなってしまいます。ある程度収納が広いところをチェックしておきましょう。

南側から太陽が入ってくるかどうかも、そこに住む上で重要になるところです。それ以外にも、周辺環境を気にして物件を借りるようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索