不動産賃貸物件を借りたい方必見!鶴ヶ島や周辺エリア(川越・坂戸)のおすすめの不動産会社情報をまとめました

賃貸物件のよくあるトラブルは!?対策方法を知ってリスク回避!

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/21

賃貸物件を鶴ヶ島・川越・坂戸などで借りる場合には、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。多くの場合、賃貸物件で発生するトラブルはおよそ形が決まっているといえるでしょう。

そこで、どのようなトラブルが多いのかを見ていきましょう。そして、その対策はどのようなものがあるかを知っておくべきです。

部屋の中で水滴が目立つようになる

賃貸物件の中には、水滴がよく壁についてカビ臭くなる部屋などが考えられます。これは、その物件のすべての部屋に現れる訳ではありませんが、あまり水回りの状態などがよくない場合には、湿気が増えてしまう可能性があります。そのまま放置しておくと、部屋がカビだらけになってしまい清潔な空間とは言えません。

カビが空気中に浮遊すると、それが原因で肺炎になってしまう恐れがあります。特に、アレルギーを抱えている人にとってはカビが浮遊している状態は好ましい環境とは言えません。

そこで、対策として考えるべきことは換気を十分におこなうことです。毎日、可能な限り窓を開けて部屋の空気を入れ替えるようにします。窓をあける場合には、一つの窓だけでなく反対側の窓があればそこもあけるようにすると空気の通りが良くなるでしょう。

また、窓をなかなか空けることができない場合は換気扇をつけておくとよいです。最近は24時間換気の住宅が増えてきていることから、換気扇をわざわざつけなくても自然に喚起ができるようになっていることもあります。

いずれにしても、その部屋の空気をとどめずに外に流すことが重要です。それと同時に、賃貸物件のオーナーに相談してみることが重要になります。

最近は、オーナーが完全に管理会社の方に任せてしまっている事例があるため、その場合には管理会社に相談をしてみるのがよいです。この場合には、水回りの修理などをしてくれる可能性がありますので、工事の日が言い渡されたらその日は空けておくようにしましょう。給水管などに問題がある可能性があるため、床下などを点検する恐れがあります。

費用に関しては、自分たちが原因で水漏れが発生した場合などでなければ基本的にオーナーの方が修理費用を支払うことになります。金銭的な負担が心配なのでなかなか管理会社に対して連絡をすることができない場合でも、自分たちに負担はかかりませんので安心して連絡をしましょう。

近隣の家から音が漏れてくるトラブル

賃貸物件の場合は、マンションやアパートが多くなりますが、アパートの場合は特に壁が薄いこともあり、隣から音が漏れてくる可能性があります。

よくある例としては、隣の住人のテレビの音が大きい場合です。あるいは、話し声が大きく話しが筒抜けになってしまうほどうるさいこともあり得るでしょう。本人は、それに気づいていない可能性が多いため、わざとやっている可能性は低いです。

もし、自分が直接隣人に対して文句を言うことに勇気がないならば、管理会社の方に話を進めておきましょう。管理会社の方では、一回だけのクレームで動き出すとは限りませんが、何回かクレームが生じた場合にその家に電話をするか手紙などを出して注意を促します。

もし、自分で対策をするとすれば、隣の家との間に背の高い本棚やタンスなどをいておくことです。本棚の場合、成人男性の心境よりも少し高いぐらいのものをおいておけば、隣から音が聞こえにくくなります。

敷金が返ってこないどころか余計にお金がなくなる

賃貸物件を借りて退去する場合には、原状回復義務と呼ばれるものがあります。これは、部屋を元通りに戻す義務が借り主に生じていることを意味しています。そのため、借り主も可能な限りきれいにして元通りの状態に戻すことが退去時に要求されることです。

これをしなければ、原状回復義務に違反したことになり、敷金以外にもお金を取られることになるでしょう。ただ実際には、多くの場合どれだけ部屋をきれいにしようとも敷金が100パーセント戻ってくることはありません。少なくとも、新しい人がそこに入居すれば壁紙などは最低限交換しなければならないためその分のお金は支払うことになります。

ただ問題は、必要以上にお金が請求される場合です。敷金が戻ってこないだけでなく、5万円ぐらい請求される場合は見積書をもらい、どこにそれほどお金がかかっているかを確認しておくことが必要になります。もし、不当な請求があった場合には法律家などに相談してみるのも一つの方法です。

 

鶴ヶ島・川越・坂戸周辺で賃貸物件を借りる場合、事前に考えられるトラブルの一つは部屋の中にカビが生えるぐらい湿度が高い場面です。この場合には、自分たちに原因がない限りはオーナーの方が修理費用を支払ってくれます。

近隣住人の声がうるさくトラブルになることもあり得るでしょう。この場合も、管理会社を間に挟んだほうが解決しやすくなります。

最後は、退去するときのトラブルです。原状回復義務がありながら、きれいにして返還したのに敷金以上のお金をとられる場合もあるでしょう。無駄に高いお金を請求された場合は法律家などに相談してみるのも一つの方法です。

おすすめ関連記事




サイト内検索